スポンサーリンク1

Airbnbは飽和状態!バブル崩壊…去年に比べて確実に稼げなくなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Airbnb、そろそろ終わりが見えてきました…
去年からAirbnbホストをやっている僕が、稼げなくなってきたことをリアルにお伝えしましょう。

48

バブル崩壊…Airbnbが稼げない状態に


いやー、業界から嫌われそうですが、素直に言っちゃいますね。


確実にAirbnbが稼げなくなってきた(泣)

これ本当ですよ。
日本人の中では、僕ってAirbnbホスト歴長いほうなんですけど、確実に稼ぎづらい状況に入っています。

僕の収入源の中心なんで内心ハゲそうな気持ちでいっぱいですが、ここはバシッとネタにしちゃいましょう!

ピンチはチャーーーンス!!!笑

2015年と2014年を比較したら泣けてくる

では、実際に僕の去年と今年の売上データを比較してみてみましょう。
アカウント名の部分だけモザイクかけさせていただきましたが、以下が画面キャプチャです。

◯去年:2014年11月(物件数:1)売上$2,401
Airbnb201411

◯今年:2015年11月(物件数:3)売上$2,969
Airbnb201511

売上だけでみると前年比1.2倍くらいです。
ただし、問題なのは物件数が3つに増えていることです。

2014年11月は1物件で売上$2,401に対し、
2015年11月は3物件で売上$2,969なんです。

これ、やばくないですか?
単純に3物件で割ると、1物件あたり約$1,000の売上なんですよ。

売上ってことはもちろん利益ではありません。
家賃・水光熱費・ガスなどを諸々考えると、僕の物件は1物件あたり9〜10万(約$1,000)は月々必要経費として発生しています。

つまり、

ほぼ利益0です!!!!泣

わっはっは〜。
まだAirbnbに夢を描いていた人には衝撃でしょう。僕も衝撃ですw

赤字20万のAirbnbホストとかざらにいる

僕の周りには約40人ほどのホストがいます。
そんな中には、なんと毎月約20万円の赤字を出しているホストもいます。

その方は、都内の品川・新宿エリアで3物件を運用している方です。
お仕事は不動産仲介業なので、一般の方よりはるかに外国人に人気なエリアなどに詳しい方です。

それでもマイナスという現実。

僕自身はトータルでみるとまだ全然利益でているのですが、
マイナスが続いている人はザラにいます。

こーいう失敗談的な情報を発信する人少ないですからね〜
現実的な情報もどんどん出していきましょう

今からAirbnb投資しようとしている人は要注意

ライバルを減らすために言ってるわけではありませんが、本当に今から参入するのは危険です。
一応アドバイスしておくと、Airbnbでは以下の4点が非常に重要です。

  1. レビュー
  2. 掲載期間
  3. 立地
  4. 価格

毎日のようにアルゴリズムが変わってきているようですが、これだけは不変だなと思うのが上記4点です。

Airbnbでは最初の一ヶ月目は検索上位に表示されやすい、といったビギナーズラック的なものがあります。
ですが、それ以降は上記4項目がどれだけ良いかが基本的に重要です。
(”週割”を設定する、などといった細かい裏技はありますが…)

とくに今から参入しようとしている人は、1.レビュー 2.掲載期間、このふたつの項目を満たしていくことにはどうしても時間がかかります。つまり、

スタミナがないと厳しい。


僕が運用代行している方は3ヶ月目で利益が出てきましたが、半年間は利益出ないと思ってた方がいいかも?

既存ホストに、運用をお願いするべし


まぁひとつ大きなアドバイスをすると、今からアカウントを作って物件(リスティング)を登録して、ってしようとしている人は辞めといた方がいいです。

もし周りにAirbnbをやってきた経験者がいるのであれば、その人のアカウントで物件を登録させてもらいましょう。経験値も違うし、アカウントとしてレビューも溜まっているはずです。

アカウントレビューが50くらい溜まっている人は、おそらくホスト歴1年以上で複数物件を運用しています。


以下、僕が読んでみてよかったAirbnb本を紹介しておきます。


アクティビティーが重要になる

余談ですが、最後にひとつだけ今の流れを。

おそらくこれからのAirbnbはアクティビティーが重要になります。
まだまだホストでも知らない人多いですが、Airbnbではオプションサービスとしてアクティビティーが登録できるようになりました。

今後はほぼ間違いなく
「宿泊+アクティビティー」が当たり前になっていくでしょう。

僕はこれからどんなアクティビティーを用意しようかな〜!

んじゃまた。

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。