スポンサーリンク1

ペアーズ…クリスマス前に試したら、4マッチングした!笑 出会いがないとか嘆くなら、勇気出して使ってみるべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はクリスマスイブですね。みなさんはどうお過ごしでしょうか?
恋人と聖なる夜をお過ごしでしょうか! 

今回は恋人がいるリア充の方は読まなくて結構(笑)

むしろ読んじゃダメです。
まじめに恋人を募集中の人に向けて書きます。
3ff4da1d15226a1144ec9cb17e656b62_s

「出会い系」に偏見をもっていた自分


先に言っておきますが、
僕は出会い系サイトが嫌いな人で、知人の女性がペアーズを始めた時はまじで引いちゃうくらい反対しました。
出会い系に登録している男なんて、ただのH目的だから危ないぞって。

今回はそんな僕がまさかの出会い系アプリ「ペアーズ」の紹介

だってマジでみんな普通にやってて、最低でもデートに数回行ってるんだもん。笑
これだけみんなやってると、実際のところどうなのよ!?って気になってしまうのが人間ですよねぇ

そんな僕がテスト的にペアーズに登録してやってみました。

ペアーズとは


ペアーズというのは、facebook認証必須の実名制出会い系アプリ
最近はマッチングアプリという呼び方をするそうです。

このペアーズの強みとしては、facebookのデータを元に
友人や友人の可能性が高い人が表示されないようになっている点です。

実際に登録してみて思いましたが、全く表示されないから驚いた。
僕は一般的には顔が広い方だし、facebookフレンドになってない知人とかたくさんいるからどうなんだろうと思っていましたが、本当にそれっぽい人が出てこないです。

以下がペアーズですね。
画像がマジで胡散臭いけど、そこはしょうがないでしょう。(株エウレカの皆様ごめんなさい笑)



出会い系の概念を覆すSNS


何より驚いたのが、出会い系感が全くないこと
SNS世代の僕らからすると、facebookといったい何が違うんだっていうイメージでした。

むしろmixiとかTwitterとかみたいに匿名でも利用できるSNSの方が比較すると怪しなって思えちゃいます。
当時mixiがsnsとしてブレイクしてた頃は、mixiきっかけで異性と出会ってデート…なんて人、多かったですよね。

それに比べると非常に健全なイメージです。

登録は無料、メッセージをする時に有料会員になる必要あり


登録自体は無料のようで、実際にマッチングした相手とメッセージを交換する時に有料会員になる必要があるようです。
まぁ有料会員費も一回の飲み会よりは安いので、これで多くの異性と出会えると思うと安いはず。

ちなみにマッチングというのは、
気に入った相手にイイネをしていって、相手からもイイネをされるとマッチングとなり、メッセージができるようになるみたいです。

まぁ詳しくはペアーズの説明をみてみてくださいませ。

クリスマス前に試してみた結果、4人とマッチング!

うおおおお!俺ってモテる!?

勘違いしてしまいそうなぐらいに、マッチングしちゃいました。

僕が12月22日に実際に利用してみたところ、なんと4人の女性とマッチングしました。
ここではっきりしておきたいのは、僕がモテるんじゃなくて、ユーザーがとにかく多いんです。

どんだけペアーズ利用者多いんだよ!w

と、突っ込まずにはいられないくらい利用者が多いんです。
僕は男なんで女性アカウントしか見れませんが、男性からの誘い待ちの人ってこんなにいるんですね〜。
ぶっちゃけあなたの周りの友達もみんな利用してると思いますよ。表示されないだけで。

ちなみに年収や収入などは特に嘘なども付かずに登録してます。

マッチングまですると相手からメッセージが届くんですが、そのメッセージにはやはりモザイクがかかっていて、ここから先は有料にならないと読めないという……チクショウ!笑

まだ間に合う!とりあえず無料だしやってみたら


まぁどうせマッチングまでは無料なんだし、出会いがないと嘆くくらいならペアーズやってみることをお勧めしますよ。

僕は古い考えの人で、
男だったらアプリなんかに頼らずに女の子と出会ってみろよ!!!

とか、今でも思っていますが、

何もせずに出会いがないと嘆いている人はただ行動してないだけなので、一番きらいです。

とりあえず参入障壁が低いペアーズでもいいから、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。

女心なんて僕にはよくわかりませんが、理想の出会い方は色々あれど、男性から食事に誘われることは決して嫌じゃないと思うんですよねぇ。(何様w)

 んじゃね〜!

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。