スポンサーリンク1

バレンタイン前に助言!男性の気持ちランキング1位のぼくがオススメする、本命の相手を落とす4つのテクニック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐバレンタインですね。
ええ、ぼくは両手に溢れんばかりの大量のチョコレートを貰いすぎて困るという、夢を最近よく見ます。

一応簡単に自己紹介をしておきます。

実はぼくはサイバーエージェントさんが運営している実名制Q&Aサービス「Qixil」の中で、男性の気持ちランキング1位を3年間死守している男なのです。

恋愛研究家の荒牧さんやガールズバーのオーナーさん達がいる中で、堂々の一位に君臨しています。エッ( ̄ ̄ ̄ ̄^ ̄ ̄ ̄ ̄)ヘン

03

そんなぼくがオススメする4つのテクニックを今回はご紹介いたします。

男を落とすためにバレンタインで実践すべき4つのテクニック

4b98962deb3de333ae878ea337de18f7_s

1. フライングで渡す

男性は2月14日バレンタイン当日、間違いなくソワソワしています。チョコが貰えるか貰えないのか…どんなモテ男でもこの日に限ってはソワソワするものです。

男って本当におもしろくて、どれだけクールを装っていても頭の中の根っこの部分は10代の頃からあまり成長してないんです。世の男は間違いなくバレンタイン当日にソワソワしてます。

だから敢えてサプライズ的に前日に渡すんです。
「フライングでチョコもってきちゃった。はい。あげるね♪」なんて言われたら、もぉ心の中はラブ!ドッキューン!です。

2. 別れ際に渡す

これ間違いないです。これを読んでいるあなたは本当にラッキー!

男は意外と純なパターンに弱いんですよ。
昼間は普段と変わらないいつも通りの毎日、ちょっと二人でお出かけするもチョコレートの話は一切出ない。

「あれ?これはチョコレートもらえないのかな?」デート中の男性にそう思わせたら勝ちです!

チョコを貰えないのかもしれない…ああ、今日のこのデートは特別じゃなかったんだ…ああ俺は恋愛対象じゃないんだ……。

そう思わせといて、帰り際に「はい!これ!チョコレート!」なんて急に直球で渡されたら、たちまち心の中の消えかかっていた灯火がガソリンぶっかけられたようにバーニングするでしょう。

3. 友チョコ義理チョコに紛れて本命には手紙を渡す

いつも遊ぶ友達グループの中に意中の人がいるパターンでは、このテクニックは絶大な効果を発揮します。

「仕方ないからみんなの分チョコレート作ってきたよ!」

そう言いながら、本命の相手とその周りの仲がいい男の子たちにチョコレートを渡します。
ちょっぴりツンデレ気味くらいが丁度いいでしょう。大概の男はプチツンデレパターンは大好物です。

その中に紛れて、本命の相手にだけ手紙を添えておくんです。
決して好きなんてどストレートに伝える内容ではなく、「いつもありがとう」とかそんな内容でも効果はあります。

男は本当に手紙に弱い生き物です。
手紙を書くという行為自体に女性らしさを感じてしまうんでしょう。

4. 「いつもありがとう」の一言

上の手紙テクニックでもお伝えしましたが、「いつもありがとう」の一言は絶大な効果を発揮します。

男は基本的にプチツンデレ女子が好きな傾向にあります。
とりわけ好みの容姿じゃなかったとしても、冗談を言い合える女性には何か特別な感情があったりします。

そんな中で、ツンでもデレでもなく「いつもありがとう」の素直な一言。
これを言われて嬉しくない人は一人もいません。必ず本命の相手には言ってください。魔法の言葉です。

絶対にやってはいけない3つのこと

逆に絶対にやってはいけないことも簡単にお伝えします。これやっちゃうと完全にアウトだと思ってください。

  1. 無難なチョコレートを渡して、なんとなくで済ます
  2. 義理チョコとの差がほとんどない
  3. 笑いに走る

この上の3つのパターンは確実に恋愛対象とみなされません。間違っても上の3パターンは避けてください。

男はバレンタインに幻想を抱くもの

男は基本的にどんな女性からチョコレートをもらっても内心は本当に喜んでいます。

小・中学生の頃は友達の女の子からチョコを渡されると「なんでお前からチョコもらわなきゃいけねーんだよ!」「うわ!しょっぱ!」なんて言いながら突っ張っていますが、本当に心の中では

よっしゃーーーーーーー!

という気持ちで溢れています。男性は本当に誰からもらっても喜んでいます。唯一もらって嬉しくないのは母親・姉・親戚や友達のおばちゃん。ああ…いつも貰って悲しかったな(泣)

勇気を出して渡しましょう

あと少しでバレンタインデー。心の準備はいいですか?

今年こそは勇気を出して想いを伝えましょう!んじゃまた!

<関連記事>

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。