スポンサーリンク1

“すごい豆まき”を知らない!? 日本ではとんでもない節分イベントがあった!【すごい豆まき2016】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は節分ですね。みなさんは「すごい豆まき」というイベントをご存知ですか?
今や海外メディアも注目する規模となってしまったこのイベント、今年も「すごい豆まき2016」が開催されたようです。

すごい豆まきとは

言葉の通り、すごい豆まきです(笑)

どれくらい凄いかって?

超巨大な施設を貸し切って4トンの豆を使います

002l
(写真:去年のすごい豆まきから拝借


今年の臨場感あふれる写真No.1はこちらをチョイス!

公式ページ、ふざけ倒してます(笑)

このサイト、完全にふざけてますよねww

mame_main2016_2

公式サイトはこちら


このサイトデザイン、どこかでみたことあるなぁ〜なんて思ったら、やっぱり株式会社バークハンバーグバーグがかかわってました(笑)

仕掛け人はこの人!

こんなめちゃくちゃなことをやる人はとんだクレイジーな人なんだろう…

そう思って調べてみると、なんとIT業界で超有名なこの人!

01


Yahoo! Japan執行役員の小澤隆生さん!

まじか!これはまじなのか!めちゃくちゃすごい人が主催者でした。
小澤さんのfacebookなどはこちら

スペインのトマト祭りのように、世界中に日本の祭りを広げていきたいそうです。
やることすることレベルが違うな〜〜〜〜〜!

環境にも配慮している

さらにこのイベントのすごいところは、使用する4トンもの豆を再利用する工程まで手配しているということ。

以下、小澤さんご本人が語っている内容。

一番考慮したのは、投げる豆についてだ。

豆まきは伝統行事ではあるものの、食べ物を投げることに対する抵抗感から、最近は包装された豆を投げて行事を行うところも多い。

そこで、食べ物を無駄にしないようケアしつつ、イベントがつまらなくならないように熟考を重ねた。そして決定したことは
被災地の農家から食用では出荷できない豆を買う
投げ終わった豆を再利用する
ということだった。最終的に、宮城県の農家から条件にあった豆を仕入れ、投げ終わって床に散りばめられた豆は、業者に渡して堆肥にすることとなった。


(参考:nippon.com

今年もSNSで盛り上がってる

もはや毎年恒例ですが、やっぱりSNS上でかなり盛り上がってます。

参加者の皆様の写真や動画は、かなり臨場感がありますね。









服を脱ぐと豆がたくさんついてるみたいですwww

実はぼくも2013年に参加したぞ

じつはぼくは3年前に参加したことがあります。それはそれは予約を取るのが大変でした。
予約を取れたからには本気で挑もうと思い、かなり下準備していった結果、5つのメディアに取り上げられるという経験もしました(笑)

元ヤクルトスワローズの古田敦也さんに本気で豆を投げつけてやりましたw

僕らのコンセプトは「桃太郎で鬼退治」をチョイス。
チーム桃太郎

ぼくは左から2番目のキジ役です(笑)

こんな動画も事前に撮影してSNSで拡散していました。

超カロリー消費するよ!楽しいよ!

経験者から一言助言をすると、ただの豆まきだと思って参加したら完全にやられます。
絶対に鬼をぶっ潰すくらいの勢いが当日は必要になります(笑)

でも、人生でこんなに豆を投げつける機会なんてないんで、とにかく楽しいですよ!
来年も絶対に行われると思うんで、ぜひ参加してみてください!んじゃまた!

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。