スポンサーリンク1

今、結婚してない愚痴ばかりの20代に伝えたい。そんな不満だらけの日常をこれからも受け入れるつもり?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代後半に入ってさすがに周りから結婚とか婚約とかの報告がチラホラ聞こえてくるようになりました。
おめでたい!ほんとうにおめでたい!

ただそれに付随して、一部の同世代に対して疑問に思うことがあります。
-shared-img-thumb-VER88_keitaimachiuke15150305_TP_V

お前のことだ!愚痴・妬みネタばかり話す人

こうみえてぼくは顔が広い方です。そして、その中には感覚が合わない人も稀にいます。

妬みとかですかね?いやらしくわざと他人を攻撃する人がいるんですよ。
別にぼくだけの話じゃなく、いろんな人に対してね。なんかそーいう人を見てると、単純に言動が理解できないんですよね。

他人をむやみに攻撃してる人の共通点は3つ

  • 愚痴が多い
  • 人を妬む
  • すぐに他人に同意を求めようとする

ほぼ間違いなく上記3つのカテゴライズに分類された位置にいる人です。

あ〜〜、そもそもぼくがあまり関わりがないジャンルの人たちです。常に会社や家族や誰かの愚痴を言ってるタイプの人間。愚痴を吐くことが唯一の生きがいになってる新人種。

素直に言いましょう。

苦手です。

そんな人たちに対して今回は言いたいんです。

そのまま大人になって大丈夫?

これだけ日頃から愚痴ばっかり言うってことは、将来結婚して奥さんに愚痴ばっかり聴いてもらうつもりでしょうか?まさか生まれてきた子供にも?それとも家族に嘘をつきながら永遠とストレスをかかえて過ごすつもり?

ぼくは将来の家族や子供には、すべて正直に語りたいんですよね。その話す内容が愚痴ばっかりとか終わってません?

そうならないためにも、最低でも自分自身と向き合わなきゃ。逃げてちゃダメでしょう。

不満があるなら努力しろ

何か現状に不満があるなら、その不満が改善されるように自分でできる最大の努力をすればいいのに、とぼくは強く思ってます。

昔読んだ本でタイトルが思い出せないんですけど、人が何かを変化させる時にできる選択ってのは大きく二つで、環境チェンジかマインドチェンジしかないそう。

要は自分の考え方を改めるか、環境に変化を加える、そのどちらかしかない。
つまり自分の考え方を改めるつもりがないなら、環境に変化を加えるしかないんですよ。

そのどちらもチェンジせずに不満を抱え、そのまま進んでいった姿が子供たちがよく嫌う「大人」です。

おいおい、子供たちに夢や希望を持たせるどころか、幻滅される大人になってどうすんだ。

変化にはリスクがつきもの

とはいえ、何かを変えるというのはリスクがそれなりについてきます。

例えばぼくは大手IT企業に勤めていた頃には手取りで25万くらいはもらってましたけど、会社を辞めることで0円になるどころか、その時の基準で税金が請求されるんでマイナスです。

必ず何かを変化させる時にはリスクが出てきます。
だから、ぼくはまだ結婚してない20代で、すでに不満たらたらの同世代に言いたいことがあるんですよ。

結婚するまでに何とかしよーと思わないのか

ぼくはまだ結婚してないからわかりませんが、やはり結婚というのは人生の中でも非常に大きな転機のように思います。自分一人で生きていく人生から、家族とともに生きていく人生に切り替わるんですからね。

結婚するということは、一人のかけっこ状態から、二人三脚、三人四脚へと歩みが変わっていくことを指します。

歩みを共にする相手がいるということはむちゃくちゃ嬉しいことです。
ただし、二人三脚、三人四脚ではそれぞれが力強く支え合っていくことが必要です。逆にいうと誰か一人が歩みを止めてしまえば、隣で肩を組んでる家族たちも歩みを止めざるを得ない。それが家族であり結婚するということです。

そんなのぼくに言われなくたって誰でも何となくわかってるでしょう。

だからぼくは伝えたいんです。
だったら今動けよ!!!
結婚していない今のうちに、せめて自分自身の目指す理想の姿に一歩でも近づく努力をしろよ!!!


って。

社会のせいにするな

とはいえ、個人でどうにもならないこともあります。
基本的に世の中に不満をかかえる人の半分以上は、社会の仕組みが原因でしょう。それは社会人のぼくら全員で改善していくべき問題です。

ただぼくが今回言いたいのは、違います。
個人の努力でどうにかなるレベルの人たちは、ただ社会の欠陥に甘えてるだけだろ
ということ。

不満があって酒飲んで愚痴吐いて毎日カモフラージュして……そんな状態では、社会の仕組みが改善されていってもあなたに幸せはやってこないですよ。

自分に言い聞かす


と、ここまで強い物言いで語りましたが、これはある意味で自戒も含めています。
こーやって理想的な生き方や考え方をアウトプット・シェアすることで、より自分のモチベーションにつながっていくものなんですね。

ぼくは諦めないし、歩みも止めません。
今は借金もあって大変ですけど、たいした問題じゃないです。一番やばいのは歩みを止めてしまうこと。

どうか同世代で自分自身と向き合えずに不満をかかえて生きている、そんな皆さんにこのぼくのメッセージが届きますように。んじゃまた!


<関連記事>

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。