スポンサーリンク1

ノマドワーカーの時代がきた!月額定額制の”飛行機”乗り放題サービス「OneGo」がやばい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、世界のどれだけの人達が働く場所を転々とする「ノマドワーキング」をしているんでしょうか。

今回はそんなノマドワーカーに激震が走るようなサービスをご紹介。

 

月額定額制の飛行機「OneGo」


飛行機を月額定額で乗り放題できるサービスがアメリカで誕生しました。
その名も「OneGo

16

「OneGo」は米国で2016年2月に正式リリースされたばかり。

アラスカ州とハワイを除く米国全土をカバーしていて、月額料金を定額で払うことで、好きなだけフライトを利用することが可能となります。


約15〜30万で乗り放題


正確な価格はエリアごとで変わってくるようです。

  • 「Nationwide」(空港76カ所、700路線)     :月額2,950ドル
  • 「West」(西海岸の空港14カ所、35路線)  :月額1,500ドル
  • 「East」(東海岸の空港39箇所、158路線)   :月額2,300ドル
  • 「Central」(中央部の空港18カ所、35路線) :月額1,950ドル

座席はエコノミークラスで、同時に最大4フライトまで予約可能。

そこそこ値段がしますね。
まぁこれから様子をみて値段の変動は起きるとおもいます。

ノマド・リモートワークが当たり前の時代に

これから移動インフラの定額サービスは他にもたくさん出てくるでしょう。

こういった移動インフラの定額サービスが生まれた背景には、ノマドワーカー・リモートワーカーが世界中で増えたことが理由です。

ノマドワーカーが増え、移動インフラが普及・浸透してきたその次には、おそらく「宿泊施設の定額サービス」などもでてきます。そうなってくると、ノマド的な生き方・働き方はビジネスマンの選択肢として当たり前になるでしょうね。

早く日本でも飛行機の定額サービスが普及することを願います!んじゃまた。

<関連記事>

親友の死をキッカケに”働く×生きる”を模索。
現在、特別なスキルがない人でも「場所に囚われない働き方」ができるような仕組みを作って広げてます。